【個人店 wifi】wi-fiの遅い店なんかリピートしない!

〇【個人店 wifi】 飲食店、個人店のWifi悩みはこんなこと


複数人で利用すると通信速度が遅くなることは避けたい
通信データー容量制限がかかる
一般的な無線LANルーターではセキュリティが心配
開業するけど固定回線の敷設が困難な場所
そもそもWifiの設置がめんどくさい
お客さん向けと店側で使用を分けたい

〇【個人店 wifi】Wi-Fi導入の流れ


1.wifiの契約する
2.光回線工事・事務手続きをおこなう
3.Wi-Fiルーターを導入する
4.Wi-Fiアクセスポイントを導入
5.フリーWi-Fiを設定する

〇【個人店 wifi】Wi-Fi導入のメリット


配線不要なのでレイアウト自由度が高い
さまざまなデバイスの業務利用も可能
喫茶店などでは集客には必須
速度も高ければ集客効果も
売り上げアップにつながる
料理が提供されるまで、より快適に過ごせる

〇【個人店 wifi】導入時に押さえておきたいポイント


店舗側+顧客Wi-Fiが設定できること
最大同時接続数が多い
Wi-Fi通信エリアが充実してること
導入難度が低い
価格が抑えられていること

〇【個人店 wifi】コンセントに挿すwifiのメリット


速度が安定している
工事なしですぐ使える
配線がない
同時接続が可能

〇【個人店 wifi】コンセントに挿すwifiのデメリット


店舗外への持ち運びができない→最近ではコンセントさえあればどこでも使えるタイプも登場
無制限ではない→こちらもプランを選べば無制限タイプも登場
固定回線より速度は遅く不安定→エリアが都心などであれば5Gをカバーしたものもある
導入費用・月額費用が必要となる→だけどwifiの使えないもしくは遅い店はリピーターは来ない可能性が高い
食事ではなく、Wi-Fi使用が目的の顧客が登場する可能性もある→店舗利用時間の設定をすれば問題ない

〇【個人店 wifi】まとめ

いまなら、通常事務手数料3,000円が無料
さらに、Wi-Fiスポットプランの通常料金5,980円が永年5,480円(税抜き)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。